So-net無料ブログ作成
検索選択

雨の東京競馬場は激アツ競馬場! [競馬養成所]

私は改装された東京競馬場の芝は、雨が降ると、極端にインコースが有利になると考えています。
なぜなら原因は排水溝です。今、東京競馬の芝で一体何が起きているのでしょうか?

これを分析すると、東京競馬場でこのような現象が起きるようになったのは
平成15年の4月に完了した馬場改修後であるように思えます。

馬場改修前は、内で粘る先行馬を追い込み馬が外から差すシーンが多くみられました。
しかし、馬場改修後は、先行馬の粘り込みが多く、差し馬もインから差さないと 届かないケースが多くなりました。

原因を考えると。
一つ目は、馬場改修時の排水溝の設置が原因でないかと思われます。
この排水溝によって、雨の後に内から馬場が乾きだします。
そして、距離損の少ない内が走りやすい馬場となり、 距離損の大きい外が、走りにくい馬場となっています。
この排水溝によって、雨が降ると、外がまったく伸びない馬場となってしまいます。

二つ目は、馬場の管理技術の進歩でしょう。
これは、東京競馬場に限ったことではないですが最近の競馬場は、
馬場の内側が極端に不利な荒れ馬場という状況が激減しているように思います。

一昔前ならば、福島の最終週等は、すべての馬が外ラチ沿いを走る光景が定番でしたが
しかし、最近は、このような光景が少なくなってきています。
また、馬場が悪くなっても、多くの馬が外に行くと、最内を突いた何頭かの馬が馬券になることも多ように思います。

つまり、馬場の管理技術が進歩し、馬場のインコースが荒れなくなったので、距離損の少ない
インコースを走った馬が有利になる。この二つが大きな原因であると思われます。

特に一つ目の排水溝の理由から、雨の日の東京競馬場の芝のレースはインが有利となっています。
雨が降っている時も、雨がやんだ後のレースが、極端にインが有利となっています。
このことは、前述した排水溝が原因と考えると納得がいきます。
「東京競馬場の芝は、雨が降ったら内枠と先行馬を重視する。」
これが私の現在結構使えている、新たな競馬理論です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メルマガ登録・解除
読者登録規約
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。